WORK

作品

2016 → 2017

2017.1.1

2017年もよろしくお願いします
光り輝く2017年でありますように

2016年の大晦日ハッカソンの成果物です。ArduinoでLEDを制御しています。

心拍を電球に閉じ込めて展示する装置

Heartbeat Lump

2016.10

体験者の心拍を電球に閉じ込めて展示する装置を作りました。その人が立ち去っても電球の明滅(心拍数)だけがその場に残ります。心拍はセンサーに指を置いてもらうことで取得します。

カサナビ

2016.9.8

 目的地の方向へ傘を倒す装置です。

子供のころに傘を倒して遊んだ経験はありませんか? もし倒れた方向が行きたい場所だったら、もし道に迷ったときに傘を倒して目的地の方向が分かったら、 そんなことを考えたことはありませんか?『カサナビ』はそんな思いを実現しました。 『カサナビ』傘の先に取り付け傘を立てると目的地の方向へ倒れます。 その倒れた方向に進めばやがて目的地に辿り着くことができます。

 目的地の方向は『カサナビ』に内蔵したGPSセンサーと地磁気センサーでリアルタイムに計算しています。



 前作との大きな違いとして、3Dプリンタを導入により大幅な小型化を実現しました。 これまで取っ手つけていたGPSセンサーや地磁気センサーを本体に一体化しました。 傘を立てた時に自動で傘が倒れるように傘が立てた事を検知するセンサーをつけて、これまで傘の取っ手に付けていたスイッチを廃止しました。 それにより子どもの頃に傘を立てて遊んだときのように傘を立てただけで起動します。




コッチ!2 ステッキバージョン

2016.5.1

 必ず目的地の方向へ倒れて道案内をするカサ(に取り付ける装置)です。 詳細はYouTubeをご覧ください。
ニコニコニュースさんに取り上げていただきました。(2016/5/15)
再びニコニコニュースさんに取り上げていただきました。(2016/5/17)
 ニコニコ動画に投稿後、1週間で総合ランキング『科学・技術』で1位になりました。 再生回数も50,000回を超えました。(2016/5/18)


Visual Design

2016.1 -

ProcessingやopenFrameworksで制作。 Generaltiveなものから数学的な図形まで。 可能な限りP5.jsなどを使ってブラウザで表示できる形式に変換しています。 100パターン制作予定。3/100。

まとめページへ

kotch.jpg

KOTCH

2015.8

目的地へとあなたを導きます。

GPSセンサーと地磁気センサーで現在いる位置を把握し、今いる位置から目的地までの距離と方角を計算します。 サーボモータに付いた針が目的地への方向を物理的に指差してくれます。 あなたはその針の方向へ向かうだけで目的地へとたどり着くことができます。 物理的に針が方向を示しているので触りながら方向を知ることができます。 Maker Faire Tokyo 2015に出展しました。 腕時計型にするつもりだったので"Watch"と「こっちだよ」という言葉からKOTCHという名前をつけました。 (開発中に発売した『Apple Watch』も意識してKASANETARIUM KOTCH。)

Maker Faire Tokyo 2015


thermal_printer3.png

レシート名刺プリンタ

2013

名刺をその場で刷って渡すことができる装置。 レシートと同じ感熱紙を使っているので愛称が「レシート君」。 スイッチを押すたびに名刺が刷りだされます。 ゆっくりと刷り出される様子はどこか懐かしく、絵や文字には自然と”かすれ”ができ味わい深いものに仕上がります。


img/CPU_f.png
img/CPU_f1.png

汎用ロジックICでCPU

2013

4ビットCPUを汎ロジックICで作成しました。 Maker Faire Tokyo 2014で展示したところ噂を聞いてブースまで 足を運んで来てくださる方がいらっしゃるほど、大変好評でした。 参考文献「CPUの創りかた」

Suicasanetarium.png

Suicasanetarium

2013

!?

mitsumeru.png

ミツメル

2013

人が通るとその人を『ミツメル』LEDの目。 人ではないものから人がいるような雰囲気を感じるには?という疑問から作った作品。 情報を削ぎ落とした16×16個のLEDの目のアニメーションでも動きに合わせて視線を送られると 無生物でも見られているような不思議な気持ちになります。 Maker Faire Tokyo 2014で展示したところ 多くの人から「(見られているようで)気持ち悪い」という最高の褒め言葉をいただきました。 技術的なことをいうとキネクトセンサーを使って人の動きを検出しています。

マバタキ

2012

最初に「ミツメル」の構想があり、それを作るまでにつくった「ミツメル」 のプロトタイプ的な存在。 8×8のLEDで作られた目。 人間と同様に目に指を近づけると目を閉じ、 光を当てられるとまぶしそうに目を半分閉じた状態になります。 ときどきする"まばたき"のアニメーションやLEDを制御するICなど、表現も技術も 「ミツメル」へと引き継げれました。




PROFILE

プロフィール

『カサネタリウム』とは?
What is "KASANETARIUM"?

カサネタリウム =「重ね(KASANE)る」+「場所(-arium)」

色々なアイデアや知識、技術を重ね合わせて作品を生み出す場所を目指して


履歴

週刊アスキー No.1081 『中の人』特捜部に掲載(2016年6月7日発行)
NT金沢2016 出展 (7.16(Sat)-18(Man)) @金沢駅もてなしドーム地下広場
品テクmeetup #1 出展 (7.27(Wed)) @品川シーズンテラス
NT東京/Akiparty 出展 (8.7(Sun)) @秋葉原MOGRA
ABPro 登壇 (9.24(Sat)) @明治大学中野キャンパス
品テクmeetup #2 出展(9.28(Wed)) @品川シーズンテラス
NT名古屋 出展 (10.9(Sun))@大須アメ横第一ビル
Ogaki Mini Maker Faire 2016 出展 (11.3(Sat)-4(Sun)) @ソフトピアジャパン・センタービル
FESTA 2016 by Mashup Awards 出展 (12.17(Sat))@寺田倉庫
大晦日ハッカソン 参加 (12.31(Sat))
Maker Faire Tokyo 2015 出展 (8.1(Sat)-8.2(Sun)) @東京ビッグサイト
Maker Faire Tokyo 2014 出展 (11.23(Sun)-24(Man)) @東京ビックサイト


Contact

お問い合わせ

Powered by CGI RESCUE®




Copyright©KASANETARIUM 2011

inserted by FC2 system